ジャムの日

ジャムの日

ジャムの日

2019.04.20

1910(明治43)年4月20日、長野県の塩川伊一郎氏が苺ジャムを明治天皇に献上した。

明治初期から始まったとされるジャムの製造が、皇室献上品として認められたことを表して、日本ジャム工業組合が記念日に制定。

ジャムは、それに含まれる砂糖が水分を抱え込むことで腐敗しにくくなる性質があり、長期間保存ができる食材として親しまれています。

一覧に戻る

ページトップページのトップへ戻る