水無月

水無月

水無月

2021.06.02

6月に入りました。

 

先週のブログ当番を失念しており申し訳ありません。

 

新型コロナウイルスの感染拡大は、いまだ収まらず不安な毎日が続いています。

 

巣ごもり中、わたくしは自分でも驚くくらいたくさんの本を読みました。

 

そして今読んでいるのは 松本清張の『草の陰刻』

 

750ページほどの長編です。

 

読み始めることをずっと躊躇しておりましたが、読み始めるとなぜか読み終えるのが惜しいくらいで、いまはいとおしむ様にゆっくりと読み進めています。

 

あと数ページ・・・

 

読みたい・・・

 

いやまだだ・・・

 

そんな葛藤と闘いながら 心が整ったとき 読み終えるといたしましょう。

 

福岡市の家族葬 市民葬祭

 

 

一覧に戻る

ページトップページのトップへ戻る