時代

時代

時代

2020.12.04

勤勉さの象徴、二宮金治郎像(二宮尊徳)について考えました。

以前はどこの学校にも、牧拾いの仕事中も時間を惜しんで歩きながら読書をする像があったと思いますが

なんとこれが歩きスマホを助長するとの指摘ですわって読書をする金治郎像に差し替えられて行っています。

思ったのですが、これでは仕事の合間に本を読むただの読書好きの少年ではないのでしょうか?

時代でしょうかね。

一覧に戻る

ページトップページのトップへ戻る